複合型ワイナリーで地方創生を目指す事業を展開
JUL
06
2020
SDGs

複合型ワイナリーで地方創生を目指す事業を展開

NIKIHills_sub
DACグループでは、新事業として2014年より北海道仁木町でワイナリー施設「NIKI Hillsワイナリー」の建設を始め、2019年7月にグランドオープンしました。NIKI Hillsワイナリーは、33haの土地に醸造施設のほか、ぶどう畑、果樹畑、ナチュラルガーデン、ナチュラルフォレスト、宿泊施設、レストランを備える複合型ワイナリーです。来場者にワインだけでなく、自然や食も楽しんでいただける空間を提供しています。

このNIKI Hillsワイナリーが位置する仁木町は、くだもの王国とも呼ばれるほどの道内随一の果樹栽培地として知られています。しかし、今では55歳以上が半数以上を占める準限界集落地となっており、農業の後継者問題が喫緊の課題となっていました。そこで、NIKI Hillsワイナリーでは農業を継承するとともに、地元住民を中心に雇用を創出。また若年層が農業を学べる環境を提供していく予定で、後継者問題を解決していく一助となることを目指しています。さらに、国内外から仁木町へ観光客を誘致することで、仁木町の観光業界を活性化させたいと考えています。DACグループが蓄積してきた「雇用」「観光」「インバウンド」のノウハウを活かし、仁木町の地方創生を実現していきます。


https://nikihills.co.jp

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加


株式会社デイリースポーツ案内広告社 公式Facebook

ソーシャルグッド&ユニーク~アイデアでコミュニケーションを変え、アイデアで社会を変える~