バカな人が日本一多い会社?の暑中見舞いの届け方
JUL
28
2015
Inside DAC

バカな人が日本一多い会社?の暑中見舞いの届け方

こんにちは。
デイリースポーツ案内広告社でWEB担当をしております三浦です。

 

突然ですが、「一度も登らぬバカ、二度登るバカ」という言葉をご存知でしょうか。
これは眺めても美しい日本一の山に登らないのはバカだが、実際に登るとその厳しさに「2度と登りたくない」と思う富士登山の厳しさを表す、江戸時代から続く有名な言葉です。

 

DACグループでは、「人間成長」を一つのテーマとして様々な研修を行っているのですが、入社して一番最初に実施する大きな研修がこの「富士登山研修」になります。主に全国のDACグループの新卒社員と中途1年目社員が参加し、全国のお取引様へお届けする暑中見舞いを富士山頂にある郵便局に届けるため「富士登山」を行います。

 

今年は7月23日24日の2日間に渡り、全国から129名が参加。
社外からもデイリースポーツ新聞社様、コジマ様に参加して頂き、「富士登山研修」を実施しました。

 

今回私も引率メンバーとして参加させて頂き、6回目の富士登山に挑戦。
だいぶバカになってきた気がしたのですが、上には上がいるもので、弊社では2ケタ台の筋金入りの大馬鹿者が何人もいるそうで、もしかすると日本一バカな人が多い会社かもしれません(笑)
そんな日本一バカな人が多い会社?が暑中見舞いを届けている様子をご紹介したいと思います。

 

 

7月23日(木) 19時頃
まずは明日の朝まで続く登山のため、花の湯(宿泊施設)にて入浴と夕食を取り富士登山へ出発
集合写真 出発前 

 

 

7月23日(木) 21時30分過ぎ
富士スバルライン5合目(標高2305m)にて最終準備をして、富士登山を開始
富士登山 5合目

 

 

7月24日(木) 2時30分頃 7合目付近
登山開始時は天候も良く、Tシャツでも登山ができる快適な環境。
しかし6合目付近から天候が崩れ、雨、風が強くなり、一気に気温が低下、かなり厳しい富士登山となりました。
8合目付近からは酸素が薄くなり、気温も下がり、高山病でリタイアする人も
富士登山中

 

 

7月24日(木) 5時30分頃 山頂付近
引率の先輩社員は後輩の救助を終え、時間内に暑中見舞いを届けるため8合目から山頂まで一気に駆け上りました。
富士山頂付近

 

 

7月24日(木) 6時00分頃 富士山頂到着
山頂は風が強く、霧がかかり、ご来光も見えない悪天候ぶりでしたが
デイリースポーツ案内広告社の新卒5名は見事全員登頂!
富士山頂

 

 

7月24日(木) 6時45分頃 富士山頂郵便局
登頂後、往復30分かけて富士山頂郵便局までお取引様にお届けする暑中見舞いを届けに向かい、無事任務完了!
その後下山開始。
投函

 

 

7月24日(木) 8時30分 7合目付近
砂利道の須走ルートを一気に駆け下ります。約12時間歩き続けている足腰にはかなりきつい下山。
下山

 

そして7月24日、9時20分頃無事下山。
帰りは約2時間程度で下山できましたが、そのハードさは人によっては登りよりもキツイかもしれません。

 

結果、今回は129名中121名が登頂に成功。
暑中見舞いも無事届けることができました。

 

ちなみにそんなバカな人が日本一多い?会社の代表を務める石川代表は富士登山を20回はしているそうで
もしかすると社内で一番バカ、いやいや、ユニークな人なのかもしれません

石川代表 マッキンリー
※写真はマッキンリー登頂時の石川代表

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加


株式会社デイリースポーツ案内広告社 公式Facebook

ソーシャルグッド&ユニーク~アイデアでコミュニケーションを変え、アイデアで社会を変える~