JAN
16
2017
Inside DAC

【DACセブンサミッッツプロジェクト マウントビンソン登頂!】

2012年にスタートしたDACセブンサミッツプロジェクトもいよいよ終盤となり、第6弾となる南極大陸最高峰・マウントビンソンへ、先日DACホールディングスの佐々木健太郎さん、デイリーインフォメーションの三島早貴さんが挑戦。出発日の2016年12月25日、多くの社員、ご家族が見送る中、いよいよ南極大陸に向けて出発致しました。

 

成田から3便を乗り継ぎ、計31時間ものフライト時間をかけて、いよいよ南極大陸に入りました。
マウントビンソンに近いユニオングレーシャー基地から、1時間ほどのフライトで、マウントビンソンのベースキャンプに到着したのは、成田を出発して5日後の12月30日でした。
ヴィンソンマシフ到着

 

翌日、12月31日から6日間かけて高度順応を行い、天候が整ったことから、予定より早めて1月5日のアタックを決定。
高山病になりながら、標高3,715mのハイ・キャンプから、4,892mのマウントビンソン頂上を目指して出発しました。
ヴィンソンマシフ

 

そして、遂に日本時間2017年1月5日午前11時前、佐々木さん、三島さん揃って、見事マウントビンソンに登頂しました!
ヴィンソンマシフ登頂

 

残す所、DACセブンサミッツプロジェクトもエベレストのみとなりました。
エベレストへの挑戦は2018年春を予定しております。皆様、応援宜しくお願い致します。

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加


株式会社デイリースポーツ案内広告社 公式Facebook

ソーシャルグッド&ユニーク~アイデアでコミュニケーションを変え、アイデアで社会を変える~