【首都圏の交通広告に関するオススメ資料】
SEP
28
2015
Column

【首都圏の交通広告に関するオススメ資料】

皆様、2015年秋頃から山手線に新型車両が導入されるのはご存知でしょうか。

今年の春に試運転され、今秋より運転開始予定となっております。中でも山手線の新型車両では中吊が廃止され、デジタルサイネージに変わるという話が業界では少し話題になりました。

そこで今回は首都圏の交通広告に関するオススメ資料をご紹介したいと思います。

 

 

①交通広告調査レポート

調査レポート
関東交通広告協議会が提供している交通広告に関する調査レポートです。

内容は交通広告の特徴・効果をはじめ、携帯電話・スマートフォンの利用率から各路線ごとの利用者プロフィールなど首都圏の交通広告に関する様々な情報を調査した資料となっております。また、首都圏の各路線(京浜急行電鉄、東京メトロ、京成電鉄、東武鉄道、西武鉄道、京王電鉄、小田急電鉄、東京急行電鉄、JR東日本、東京都営地下鉄、相模鉄道)の平成25年度1日平均乗降人員・通過人員を調査した資料もあります。

路線の選定、広告枠の選定をする際に参考になる資料です。

 

 

②首都圏交通広告料金一覧表

弊社でまとめた首都圏の各路線(JR東日本、東京メトロ、東京急行電鉄、東京都営地下鉄、西武鉄道、京王電鉄、小田急電鉄)の交通広告料金表が一覧にまとめた資料です。広告メニューは車内広告(中吊や窓上)だけではなく、駅広告(看板、ビジョン)なども掲載されています。

各路線ごとの料金を比較する際や実際に掲載料金を把握するのに参考となる資料です。

 

 

③交通広告グランプリ2015

交通広告グランプリ
JR東日本企画が主催する主にJR東日本に掲出された作品を審査する広告展示会です。交通広告でどのようなクリエイティブが掲出されているかを知ることができます。

参考となる他社事例を把握するのに参考となるWEBサイトです。

 

 

以上となります。いかがでしたでしょうか。

首都圏の交通広告を検討する際に是非、参考にして頂ければと思います。

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加


株式会社デイリースポーツ案内広告社 公式Facebook

ソーシャルグッド&ユニーク~アイデアでコミュニケーションを変え、アイデアで社会を変える~