AUG
27
2015
Column

無料で利用できる分析ツール5選

こんばんは。デイリースポーツ案内広告社のWEB担当をしております三浦です。

お客様への提案、自社サイトの検証など、日頃様々な課題を解決するためにあらゆる分析ツールを活用している方も多いかと思います。私も企業ホームページを担当していますので、分析ツールを利用することは多々あります。

そこで今回は消費者分析競合分析自社分析という様々な視点で分析できる無料の分析ツールを5つほどご紹介したいと思います。

 

① ぺるそね【消費者分析】

http://www.perso-net.jp/
ぺるそね

ぺるそねは3万人の調査データをもとに様々な切り口でセグメントしたユーザーのライフスタイル情報などをデータとして見ることができる消費者分析ツールです。ユーザーインサイトを読み解くツールとして活用することができます。無料版は調査データが少し古くなりますが、無料で利用ができます。
分析結果をそのままダウンロードできるので、そのまま企画書にも活用できます!

【主に把握できること】
・趣味
・興味、関心事
・購入、所有している商品
・利用する流通店舗
・インターネット利用時間
・よく見るTV番組ジャンル
etc・・・

 

 

② RESAS(リーサス)【消費者分析】

https://resas.go.jp/
RESAS

「地方創生」の取組みの一環で設置した「まち・ひと・しごと創生本部」が提供を開始した地域経済分析システムです。観光情報や産業情報など各地域経済の経済産業省が持っているビッグデータを無料で活用できる分析ツールとなります。

【主に把握できること】
・人口マップ(人口増減、将来の人口推移)
・観光マップ(流動人口、滞在比率)
・経済活動(企業数、労働生産性)
・企業活動(創業比率、従業員数)
・労働環境(有効求人倍率、1人当たりの賃金)
etc・・・

 

 

③ Similar Web(シミラーウェブ)【競合分析】

http://www.similarweb.com/
Similar web

「競合を愛せ」をコンセプトに世界中の調査データをもとに競合サイトのアクセス解析データを把握することができる分析ツールです。知りたいホームページのURLを入力すれば無料で推測値データを表示してくれます(あくまで参考値ですが)。割と正確に競合状況を把握できますが、逆に競合に把握されている可能性も・・・

【主に把握できること】
・アクセス数、滞在時間、直帰率
・流入経路
・参照サイト
・検索キーワード
etc・・・

 

 

④ Google Analytics(グーグルアナリティクス)【自社分析】

http://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/
Google Analytics

Googleが提供している最もメジャーな分析ツール。ウェブサイトへのアクセス状況が解析できるツールでGoogleアカウントを作れば、基本的に無料で利用できます。WEBサイト運用者の必須ツールです。

【主に把握できること】
・アクセス数、滞在時間、直帰率
・流入経路
・参照サイト
・検索キーワード
etc・・・

 

 

⑤ Si Test(サイテスト)【自社分析】

https://sitest.jp/
Si Test

ウェブサイト内のユーザーの動きを可視化することができるヒートマップ解析ツールです。無料版はPV数に制限などがありますが、ユーザーが自社のウェブサイト内でどのようなコンテンツに興味を持っているのか、フォームのどこで離脱してしまうのかなどを把握することができます。

【主に把握できること】
・スクロール解析
・マウスグラフィ
・クリック解析
・マウスムーブ
・ABテスト
etc・・・

 

いかがでしたでしょうか。
一部制限はあるものの無料で活用できる分析ツールばかりですので、興味ある方は是非、ご活用ください!

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加


株式会社デイリースポーツ案内広告社 公式Facebook

ソーシャルグッド&ユニーク~アイデアでコミュニケーションを変え、アイデアで社会を変える~