【始めるのに遅すぎることはない!リスティング広告とは?】
NOV
28
2019
Column

【始めるのに遅すぎることはない!リスティング広告とは?】

運用広告を担当している黒沢です。
今回はリスティング広告についてご紹介したいと思います。

リスティング広告というWEB広告はご存知でしょうか。響きだけは聞いたことはあるけど、実際の内容は知らないという方もいるかもしれません。実はこの広告はWEB広告の中でも、最もおすすめしたい広告なのです。というのも、こちらの広告は、お問い合わせや購入を初めとする「獲得」に最も近い広告だからです。その広告を行っていないというだけで、大きな「機会損失」になっていますので、ぜひこれを機会にリスティング広告について知ってみてください。
 

リスティング広告は検索結果に出てくる広告

リスティング広告は別名「検索連動型広告」というその名の通り、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索を行うと指定したキーワードに合わせて出てくる広告です。実際に「リスティング広告」と検索をしたらどうなるか見てみましょう。

listing google

上の画像のような検索結果が沢山出てくると思います(検索するタイミングによって変動致します)これ、実は全て広告なんです。リスティング広告と検索する人はリスティング広告に興味があると認識され、キーワードに連動して広告が出てきたという仕組みになります。
では、なぜリスティング広告が他のWEB広告と比較してより「獲得」に近い広告かといいますと、その答えは「検索をしたから」ということになります。「検索をする」=「ユーザーがより「能動的」に情報を求めている」ことを意味します。リスティング広告にそもそも興味のないユーザーはそもそも検索窓の中に「リスティング広告」とは入力をしないでしょう。自分の意思をもって情報を探しているユーザーに対して、広告が出せる珍しいタイプの広告となります。
 

リスティング広告はどこに出せるの?

実際に検索をする際にどの検索エンジンを利用することが多いでしょうか。おそらくほとんどがGoogleか、Yahoo!ではないでしょうか。GoogleとYahoo!の日々膨大な数の検索が行われている中で、リスティング広告は検索エンジンの結果に表示されています。

では、広告出稿するために「Google」「Yahoo!」に特別な登録が必要なのか?というと、そんなことはありません。誰でもすぐに「Google」「Yahoo!」に広告を出稿することができます。GoogleについてはGoogleアカウントを作成し、Google広告に登録するだけでスタートが出来ます。Yahoo!もビジネスIDというものを電話番号確認などで簡単に取得ができ、あとはビジネスIDでログインをするだけです。とても簡単にリスティング広告は始めることが出来るのです。

詳しくはこちら
Google
https://support.google.com/google-ads/answer/6366720?hl=ja

Yahoo!
https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/sponsored-search/start/

pixta_54365623_M
 

リスティング広告の費用について

リスティング広告は「クリック課金制」という方式となります。その名の通り広告がクリックされるたびに課金が発生する仕組みです。普段何気なくクリックをしている広告は、実はクリックするごとに費用が発生していたのです。クリック課金ということは表示されるだけでは、費用は一切かからないことを意味します。よって、たとえ1万回表示されたとしても、クリックをされなければ、無駄な費用は一切かからないことを意味しています。

ではそのクリックごとの金額どの様に決まって来るのでしょうか?
基本的にクリックに対する金額は「自分で」決めることが出来ます。ですが、ここがリスティング広告のポイントになる部分なのですが、他の広告主次第でその相場は高くも安くもなるという入札制になっているのです。
例えば、先ほどの「リスティング広告」というキーワードのクリックに対して、「100円に設定しよう!」と決めたとします。他の広告主達が、仮に「50円にしよう」という人が多ければ、あなたの広告は検索結果の上位に表示されます。ですが、他の広告主が「500円くらいはかけるよね」って設定していると、あなたの広告は検索結果の下部、もしくは次のページ、さらにいうと表示されなくなってしまう可能性があります。
 

リスティング広告をスタート出来るタイミング

課金の仕組みはお分かりいただけたかと思います。では実際に広告をスタートする場合どんなスケジュール感でスタート出来るのか?ということですが早ければ、1~2日で配信はスタートすることは出来ます。こちらはあくまでも、個人で行う場合で、かなり簡易的に広告をスタートさせる場合に限ります。広告代理店ですと、しっかりと運用をするために設計を組みますから、そういた意味では最低でも1週間以上は見込んでおいた方が良いでしょう。

pixta_43079910_M
 

リスティング広告を始めるのに遅すぎることはない!

リスティング広告について説明してきましたが、他の広告主の相場で変わってきたり、いろいろ面倒だなと思われたかと思います。始めるのは簡単ですが、実際に運用していくとなると、結構大変です。それでも、リスティング広告を実施した方が良い理由というのは、せっかく「獲得」に最も近い広告が存在しているのにそれを利用しないということは、非常に大きな「機会損失」を生むことになるのです。そのため、今、その必要性に気づいたのなら、「遅すぎることはない!」広告なのです。

デイリースポーツ案内広告社では、リスティング広告の運用代行も行っています。会社の中で担当者をつけて運用をするとそれだけ大きなコストがかかることになります。お任せいただければ、専任の担当者がついて、レポート提出・改善案の提示まで丁寧に行っていきます。まずはリスティング広告の疑問点や始め方など基本的なことでも構いませんので、一度ご相談頂ければと思います。

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加


株式会社デイリースポーツ案内広告社 公式Facebook

ソーシャルグッド&ユニーク~アイデアでコミュニケーションを変え、アイデアで社会を変える~