JUL
25
2019
Inside DAC

【『THINK SOUTH FOR THE NEXT』プロジェクトがスタート】

グループ会社の株式会社 DAC ホールディングスは、株式会社ゴールドウイン、日本ゴア株式会社と THINK SOUTH FOR THE NEXT 実行委員会を立ち上げ、環境と平和の大切さ、チャレンジスピリットの重要性を次世代につなげていく目的で『THINK SOUTH FOR THE NEXT 』プロジェクトを 2019 年 7 月 27 日(土)にスタートいたします(初年度は 2020 年 3 月 3 日(火)までの予定)。

今から 30 年前の 7 月 27 日、日本を代表する冒険家で、DAC グループが運営するワイナリーNIKI Hills の総支配人を務める舟津圭三をはじめ、世界各国の6人の冒険家が、世界初となる南極犬ぞり横断へと出発しました。 『THINK SOUTH FOR THE NEXT』は当時彼らが考え、世界に発信した現代社会の問題に改めて注目し、次世代へ継承していこうというプロジェクトです。
今後は彼ら6人によるトークイベントや当時のドキュメンタリー映画を日本初上映するほか、彼らのスピリットを次世代につなぐため各種メディアとのタイアッププロジェクトなどが随時立ち上がる予定です。詳細は公式サイト(https://www.think-south.com)から発信します。
※公式サイトでは本プロジェクトの企画背景や今後の活動予定、南極の現在の様子などを随時更新します。また、今秋日本初公開となるドキュメンタリー映画「Trans-Antarctica Expedition」の予告動画も配信する予定です。
 
■『THINK SOUTH FOR THE NEXT』立ち上げの背景
今から 30 年前の 1989 年 7 月 27 日、 地球上で唯一国境をもたない大陸である南極で、環境と平和を訴えるメッセージ「THINK SOUTH」を胸に、犬ぞりによる初の南極大陸横断の冒険がスタートしました。メンバーは世界 6 カ国(アメリカ・イギリス・フランス・ロシア・中国・日本) で編成された南極大陸横断国際隊。彼らは 12 月 11 日の南極点到達を経て 1990 年 3 月 3 日に約 4000 マイル(約 6400 キロメートル)を踏破し、無事全員がゴール。当時は多数のメディアがその偉業を取り上げると同時に、当時注目され始めた環境問題についても報道しました。
 
■<今後の主なスケジュール>
7月25日(木)/「THINK SOUTH FOR THE NEXT」公式サイトオープン
⓵11月4日(月・祝)/北海道仁木町にて講演会
⓶11月10日(日)/東京国際フォーラムにてシンポジウム開催
<記者発表会/ドキュメンタリー映画 Trans-Antarctica Expedition 日本初上映/トークイベント>
⓷11月11 日(月) /都内公立中学校にて特別授業
※上記⓵~⓷全てに舟津圭三含む 6 人の冒険家も登壇いたします。

 


◆本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先◆
PR事務局 株式会社 DAC ホールディングス内
担当:河上

MOBILE:090-9107-4794/TEL:03-6860-3952/
FAX:03-6860-3925/MAIL:kawakami@po.dac-group.co.jp

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Inside DAC
  • 【観光・飲食・旅行事業者のためのプロモーションノウハウを発信するメディア「PRADIME」(パラダイム)オープン】
JUL
22
2019
Inside DAC

【観光・飲食・旅行事業者のためのプロモーションノウハウを発信するメディア「PRADIME」(パラダイム)オープン】

グループ会社で観光プロモーションを取り扱うデイリー・インフォメーションが観光・飲食・旅行事業者のためのプロモーションノウハウを発信するメディア「PRADIME」(パラダイム)をオープンいたしました。
PRADIMEでは、観光・飲食・旅行事業者の “認知促進“・“集客促進“・“消費促進“につながる有益な情報、また現在進行形でご活用できるプロモーションメディアの紹介をいたします。
https://www.din-group.co.jp/pradime/

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Inside DAC
  • 【DAC未来サポート文化事業団主催「第7回みらさぽ 絵画・作文コンクール」募集開始】
JUL
18
2019
Inside DAC

【DAC未来サポート文化事業団主催「第7回みらさぽ 絵画・作文コンクール」募集開始】

デイリースポーツ案内広告社がCSR活動の一環として支援する一般社団法人DAC未来サポート文化事業団が、「第7回みらさぽ 絵画・作文コンクール」の募集を開始しました。
2013年より毎年、写真家であるブルース・オズボーンが提唱する「親子の日」に賛同し、「親子の絆」について改めて考え、作品に表現する「親子の日 絆(KIZUNA)コンクール」を開催してきました。
今回よりそのリニューアルとして、「家族の絆」と「冒険・挑戦・チャレンジ」というより拡大したテーマを持って実施いたします。最優秀賞の文部科学大臣賞 1名は、北海道仁木町家族旅行(1組最大5名迄)2泊3日にご招待。未来サポート賞 5名には、東京ディズニーリゾートを含む2泊3日の東京親子旅行ご招待(親子5組10名)。佳作 30名には、電子ギフト券3000円分を贈呈します。
応募締切は2019年9月16日(月)必着。

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
JUL
08
2019
Inside DAC

【7月7日 NIKI Hillsワイナリーグランドオープン!】

仁木町のさらなる活性化に向けて2014年から事業をスタートして5年。ワイナリーをはじめ、レストラン、ヴィンヤード、果樹園、ナチュラルガーデン、ナチュラルフォレストなどの整備を進めてまいりましたNIKI Hills ワイナリーが
2019年7月7日にグランドオープン致しました。

nikihills-open1

nikihills-open2

また7月6日には地域住民の方々を中心にお招きしてオープンセレモニーを開催。セレモニーでは仁木神社によるご祈祷に始まり、ソムリエ像の除幕式、仁木町長、余市町長らによるテープカットによって、セレモニーがスタート。その後は、和太鼓演奏や合唱団による合唱、アーティストによるライブが催されるのと同時に、お越しになられた方々に施設をご案内し、テイスティングを楽しんでいただくワイナリーツアーを実施しました。これまでに多大なる支援をいただいてきた仁木町民の方々に多くご来場いただき、NIKI Hills ワイナリーをお披露目することができました。

nikihills-open3

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Inside DAC
  • 【NIKI Hillsヴィレッジ醸造の商品が『International Wine Challenge 2019』にて銀賞・銅賞を受賞しました】
MAY
08
2019
Inside DAC

【NIKI Hillsヴィレッジ醸造の商品が『International Wine Challenge 2019』にて銀賞・銅賞を受賞しました】

グループ会社のNIKI Hillsヴィレッジが醸造したワイン5商品が、ロンドンで開催された『International Wine Challenge (IWC) 2019』において受賞しました。(銀賞2商品、銅賞3商品)

1.HATSUYUKI LATE HARVEST 2016/銀賞
2.NEIRO 2017/銀賞
3.HATSUYUKI 2017/銅賞
4.HATSUYUKI FILTERLESS 2017/銅賞
5.YUHZOME 2016/銅賞

2017年には初醸造した白ワイン「HATSUYUKI 2015」が『Japan Wine Comptition』にて銀賞、最終濾過を行わず仕上げた「HATSUYUKI FILTERLESS 2015」が銅賞を受賞。また、2018年には同コンクールでロゼワイン「Propose ~ROSE2016~」が銅賞を受賞したほか、香港で開催されたワインコンクール『LE TASTING WINE AWRDS』にて「HATSUYUKI 2017」が金賞を受賞しました。
NIKI Hillsヴィレッジから誕生したワインは、本コンクールにて3年連続で受賞しました。

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Inside DAC
  • 【グループ会社のNIKI Hills ヴィレッジがアサヒビールと包括業務提携を締結しました】
FEB
19
2019
Inside DAC

【グループ会社のNIKI Hills ヴィレッジがアサヒビールと包括業務提携を締結しました】

DACグループの株式会社 NIKI Hills ヴィレッジ(所在地:北海道余市郡仁木町、代表取締役社長:石川和則)とアサヒビール株式会社(所在地:東京都墨田区、代表取締役社長:平野伸一)が、2018 年 8 月にワイン製造・ぶどう作りに関する包括業務提携を締結したことを、2月19日両社より発表いたしました。

NIKI Hills ヴィレッジは、北海道余市郡仁木町で 2019 年 7 月にグランドオープン予定の複合型ワイナリー施設です。28ha の敷地に、8ha のワイン用ぶどう畑のほか、醸造所やナチュラルガーデン、研修・宿泊施設などを備えています。ワイン製造に於いては、契約農家から購入したぶどうで 2015 年から醸造を開始し、国内外のワインコンクールでも受賞しています。2019 年からは自家栽培のぶどうを使ったワイン醸造も開始する予定です。

一方、アサヒビールが所有する農業生産法人「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤード株式会社」は、NIKI Hills ヴィレッジが位置する仁木町の隣町、北海道余市郡余市町にワイン用ぶどう畑を所有しています。2017 年から整地を始め、2018 年に苗木の植栽を開始しました。2023 年にファーストヴィンテージの発売を予定しています。今後、NIKI Hills ヴィレッジとの技術交流ならびに協力体制を築いてまいります。
この包括業務提携により、ともに高品質な日本ワイン造りを目指し、日本ワインの発展に寄与してまいります。

■NIKI Hills ヴィレッジ会社概要
社名 :一般農業法人 株式会社 NIKI Hills ヴィレッジ
所在地 :北海道余市郡仁木町旭台 148-1
設立 :2015 年 1 月
代表 :代表取締役社長 石川 和則
事業内容 :ワイン用ブドウ類の栽培、ワイン及び蒸留酒の製造・販売、ワイン等醸造事業に関するコンサルティング、農産物及び農産物加工品の製造・販売 など

■アサヒビール会社概要
社名 :アサヒビール株式会社
所在地 :東京都墨田区吾妻橋 1-23-1
設立 :1989 年 11 月
代表 :代表取締役社長 平野 伸一
事業内容:ビール・ワイン・焼酎・RTD・洋酒などの酒類の製造・販売 など

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Inside DAC
  • 【グループ会社のグローバル・デイリーが、ベトナム・ホーチミンに海外法人「グローバル・デイリーベトナム」を設立しました】
JAN
11
2019
Inside DAC

【グループ会社のグローバル・デイリーが、ベトナム・ホーチミンに海外法人「グローバル・デイリーベトナム」を設立しました】

グループ会社のグローバル広告事業を手がける(株)グローバル・デイリーが、ベトナム・ホーチミンに海外法人「有限責任会社グローバル・デイリーベトナム(Global Daily Vietnam Co., Ltd.)」を設立し、1月11日、現地にて開所式を開催しました。

ホーチミンの中心にあるオフィスを拠点に「1.ベトナムを訪れる外国人誘致事業(インバウンド)」「2.ベトナム企業への日系サービスの提供」「3.ベトナム人の訪日誘致(アウトバウンド)に向けたカフェ運営」を手掛けていきます。日本とベトナムを観光で繋ぎ、日越双方の観光客誘致を目指します。

japankuru

■現地法人の概要
法人名:Global Daily Vietnam Co., Ltd.
資本金:100,000 USD
所在地:201 Ly Tu Trong street, Ben Thanh Ward, District 1, Ho Chi Minh city, Vietnam
代表者:中原 宏尚
登記日:2018年8月7日
設立時人員:7名(2019年1月10日現在)
事業内容:広告代理店事業/JAPANKURU LOUNGE & BAR 運営/ベトナム人技術者の採用支援 ほか

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Inside DAC
  • 【グループ会社のデイリー・インフォメーション北海道がLINE Pay(株)と合弁でLINE Pay 北海道(株)を設立しました】
NOV
26
2018
Inside DAC

【グループ会社のデイリー・インフォメーション北海道がLINE Pay(株)と合弁でLINE Pay 北海道(株)を設立しました】

グループ会社の株式会社デイリー・インフォメーション北海道(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:阿部 剛、以下デイリー・インフォメーション北海道)は、北海道エリアでの「LINE Pay」「LINE@」の普及を目指し、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を取り扱うLINE Pay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:高 永受)と合弁会社を設立致します。
2019年1月10日(木)より、LINE Pay北海道株式会社を設立いたしますので、お知らせいたします。

■LINE Pay北海道株式会社 概要
社名:LINE Pay北海道株式会社
役員構成:
代表取締役会長 長福久弘(現 LINE Pay株式会社 取締役COO)
代表取締役社長 阿部 剛(現 株式会社デイリー・インフォメーション北海道 代表取締役社長)
取締役:寺山健太郎(現 LINE Pay株式会社 営業統括室 パートナーセールスチーム マネージャー)
資本金:10百万円(設立準備金 5百万円を含む)
出資比率:LINE Pay株式会社 70%:株式会社デイリー・インフォメーション北海道 30%
設立:2019年1月10日
主な事業内容:「LINE Pay」「LINE@」の販売代理

【株式会社デイリー・インフォメーション北海道 概要】
社名:株式会社デイリー・インフォメーション北海道
本社所在地:北海道札幌市中央区北4条西6丁目1番地 毎日札幌会館9F
代表者:代表取締役社長 阿部剛
資本金 :25百万円
設立:2000年7月12日
主な事業内容:観光ソリューション事業、グローバル広告事業、総合広告事業、人材ソリューション事業

【LINE Pay株式会社 概要(2018年5月11日時点)】
社名:LINE Pay株式会社
本社所在地:東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー 23階
代表者:代表取締役CEO 高 永受
資本金:3,600百万円
設立:2014年5月9日
主な事業内容:
‐ 電子マネーその他の電子的価値情報及び前払式支払手段の発行、販売並びに管理、電子決済システムの提供及び資金移動業
‐ 「LINE@」の販売・運営
– 「LINE家計簿」の運営
‐ サービス開発事業
‐ 広告代理事業

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Inside DAC
  • 【一般社団法人DAC未来サポート文化事業団主催「写真家ブルース・オズボーンに学ぶ 葉山ですてきな写真を撮ろう!みらさぽワークショップ」開催】
AUG
05
2018
Inside DAC

【一般社団法人DAC未来サポート文化事業団主催「写真家ブルース・オズボーンに学ぶ 葉山ですてきな写真を撮ろう!みらさぽワークショップ」開催】

子どもたちへの情操教育を目的としたCSR活動としてデイリースポーツ案内広告社が支援する一般社団法人 DAC未来サポート文化事業団が8月5日(日)、葉山(神奈川県三浦郡)にて家族や友人と撮影テクニックを学ぶ写真ワークショップを開催しました。
2歳の小さなお子様からプロ仕様の本格一眼レフをご持参の方まで総勢15名が参加、プロカメラマン ブルース・オズボーン氏による個別レッスンを受けました。「コミュニケーションに勝るテクニックはなし!」というブルース氏の言葉のとおり、ビーチや神社境内など、葉山のフォトジェニックスポットで撮影を楽しみながら、コミュニケーションを深める機会となりました。また撮影後は、ブルース氏厳選の1枚と、街散策の際に撮影した参加者のスナップショットなどもプレゼントしました。

dan-810pix文中史用

ブルース・オズボーン (Bruce Osborn)
◆写真家、「親子の日」提唱者。

▼一般社団法人DAC未来サポート文化事業団
https://miraisupport.or.jp/
DACグループのCSR活動を担うDAC未来サポート文化事業団は、「親子の日(7月第4日曜)」の意義を小学生とその保護者に伝えるべく、親子の日「絆(KIZUNA)コンクールを主催している。

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Inside DAC
  • 【グループ会社のグローバル・デイリーが台湾LINE TODAYへ JAPANKURUコンテンツ提供・配信をスタートしました】
JUL
03
2018
Inside DAC

【グループ会社のグローバル・デイリーが台湾LINE TODAYへ JAPANKURUコンテンツ提供・配信をスタートしました】

訪日外国人の集客をサポートするグループ会社のグローバル・デイリーは台湾LINE TODAY内、旅行カテゴリーにてJAPANKURUコンテンツ配信提携を始め、6月よりトライアルとしてスタートしました。

LINE TODAYは、2016年初めに台湾、タイ、インドネシア、ミャンマー、米国でリリースしたモバイルニュースサービスです。日本では独自のニュースサービスとしてLINE NEWSを展開しています。(LINE公式ページ参照)

TOPページ

 

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加