• トップ
  • DAC REPORT
  • Announcement
  • 南極大陸横断国際隊からの「アースデイ」に寄せたメッセージ配信を開始しました。
南極大陸横断国際隊からの「アースデイ」に寄せたメッセージ配信を開始しました。
APR
22
2020
Announcement

南極大陸横断国際隊からの「アースデイ」に寄せたメッセージ配信を開始しました。

6か国の冒険家による世界初の南極大陸犬ぞり横断30周年を記念して昨年よりスタートした「THINK SOUTH FOR THE NEXT」プロジェクト。
DACホールディングスとゴールドウイン社によるTHINK SOUTH FOR THE NEXT実行委員会が主催し、「環境、平和、チャレンジスピリット」を次世代に伝える活動として2019年11月には国際隊メンバーが来日し、各地で多くの反響を呼びました。

そして活動2年目となる今年。
地球環境について考える日である4月22日の「アースデイ」に寄せて、4月20日(月)~4月26日(日)、6人のレジェンドと事務局長(当時)のメッセージを毎日1人ずつ発信しています。
新型コロナウイルスの感染が世界規模で広がる中、“地球環境問題や平和問題も同じく、人類共通の「命」に関わる問題として、共に解決していける“という彼らのメッセージはTHE NORTH FACE公式インスタグラム (https://www.instagram.com/thenorthfacejp/)でご覧いただけます。

メッセージ発信日とメンバー
4月20日(月) 舟津圭三(日本/探検家)
4月21日(火) チン・ダホ(中国/雪氷学専門家)
4月22日(水) ウィル・スティーガー(アメリカ/探検家)
4月23日(木) ジャン=ルイ・エチエンヌ(フランス/医師)
4月24日(金) ヴィクター・ボヤルスキー(ロシア/探検家)
4月25日(土) ジェフ・サマーズ(イギリス/探検家)
4月26日(日) キャシー・デ・モール(アメリカ/国際隊事務局長)

【アースデイに寄せるメッセージ(舟津圭三)】

科学技術がここまで進歩した国際社会の中で、今、ごくごく微小のウィルスが、国家や民族、人種に関係なく、世界を翻弄しています。
この地球に生まれ、生かされている我々人類にとって、この新型ウィルス問題は母なる地球からの何らかのメッセージのように思えます。

地球環境問題、平和問題も同じく、人類共通の「命」に関わる問題として、我々は共に解決していけるはずです。
自分で何ができるかをもう一度考え、どうすれば世界の全ての人々が、平等で安全に幸せに、その一つ一つの大切な「命」をまっとうしていけるのかをこの機会に考えたいものです。

南極大陸横断国際隊 舟津圭三

また、3月15日発売の雑誌「coyote No.70」においては「冒険のその先へ 南極大陸横断紀行1990」と題した80ページの巻頭特集で本プロジェクトが紹介されました。
THINK SOUTH FOR THE NEXT公式サイトではその中から冒険家6人のロングインタビューをご覧いただけます。
THINK SOUTH FOR THE NEXT』公式サイト

■以下英訳
We can resolve problems together

The 1990 International Trans-Antarctica Expedition team members will send messages via SNS for Earth Day from April 20th to April 26th.

The project “THINK SOUTH FOR THE NEXT” was started as part of the 30th anniversary of the first non-mechanized and longest traverse of Antarctica. This new movement began in November 2019 in Tokyo Japan, in order to talk to the next generation about “the spirit of environmental collaboration and peace.”

This year as a second stage, the movement’s organizers are dispatching messages for Earth Day from the six expedition team members and the executive director of the Trans-Antarctica Expedition each day starting from this week.

In this moment, as the coronavirus spreads in the world, the collective message from the team: “We can resolve the issue of environment and peace together. Those are common problems for humans concerned about ‘life.’” Their messages can be seen on the official THE NORTH FACE Instagram account. (https://www.instagram.com/thenorthfacejp/)

Date of the individual messages from the Trans-Antarctica members
April 20, Monday: Keizo Funatsu (Japan)
April 21, Tuesday: Qin Dahe (China)
April 22, Wednesday: Will Steger (USA)
April 23, Thursday: Jean-Louis Etienne (France)
April 24, Friday: Victor Boyarsky (Russia/Soviet Union)
April 25, Saturday: Geoff Somers (Great Britain)April 26, Sunday: Cathy de Moll ( USA)

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
【広告宣伝EXPOに出展致しました】
FEB
08
2020
Announcement

【広告宣伝EXPOに出展致しました】

2020年2月5日~2月7日の3日間、幕張メッセで開催された広告宣伝EXPOに今回過去最多の340社が出展する中、デイリースポーツ案内広告社として初めて出展致しました。

3日間で約2万7000人が来場、開催期間中は弊社の営業スタッフがブースに立ち、来場された広告宣伝担当の方に弊社の独自のサービスである「つり革広告ジャックプラン」や高所得者向けフリーマガジン「ビズスタ」を紹介させて頂きました。

ご来場頂いた関係者の皆様、誠にありがとうございました!

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Announcement
  • 2020年1月2日よる9時~、南極プロジェクトの特集番組が放送されます。
2020年1月2日よる9時~、南極プロジェクトの特集番組が放送されます。
DEC
26
2019
Announcement

2020年1月2日よる9時~、南極プロジェクトの特集番組が放送されます。

6カ国からなる国際隊が南極大陸を犬ぞりで横断してから30年の今年。DACホールディングスとゴールドウインは「THINK SOUTH FOR THE NEXT実行委員会」を立ち上げ、彼らとともに地球温暖化などの環境問題や平和について考える「THINK SOUTH FOR THE NEXT」プロジェクトをスタートさせました。

プロジェクト概要:https://www.daily-ad.jp/report/insidedac/post-2439/

11月には国際隊が来日し、仁木町と東京都で、シンポジウムや講演会を開催。東京国際フォーラムで開催されたシンポジウムでは、環境問題について改めて提言する「東京宣言2019」が発表されました。
それらの模様が番組や動画で国内外に向けて配信中です。2020年1月2日よる9時~10時には、BS11にて特別番組「南極大陸横断隊~時を超え 未来へ託すメッセージ~」が放送予定ですので、ぜひご視聴ください。

シンポジウムでのトークイベントの模様は、現在Youtubeで公開されています。
(日本語版) https://youtu.be/qFr7wUorY00  (英語版) https://youtu.be/0_Vy2uEBARw

また、NHKワールドでは12月2日に国際隊の1人であるウィル・スティーガー氏(隊長)のインタビューが、6日にはチン・ダホ氏のインタビューが世界に向けて放送され、ウェブ上で映像も公開されています。
<放送内容>
●12月2日(月)放送/ウィル・スティーガー氏インタビュー
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/backstories/786/
●12月6日(金)放送/チン・ダホ氏インタビュー
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/backstories/781/

2020年1月2日には来日期間中に国際隊メンバーに密着して撮影した特別番組がBS11(日本国内で無料視聴できるBSチャンネル)にて放送予定です。
<放送内容>
●2020年1月2日(木) よる9時~10時
 特別番組「南極大陸横断隊~時を超え 未来へ託すメッセージ~」
https://www.bs11.jp/education/nankyoku-oudan/
【予告編動画】https://youtu.be/WWayxDyoTB8

国際隊メンバーのリアルな声を聞ける機会となっておりますので、どうぞご視聴ください。

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Announcement
  • 【クラウドファンディングサイト「J・Funding」にて 首里城火災支援プロジェクトが立ち上がりました】
【クラウドファンディングサイト「J・Funding」にて 首里城火災支援プロジェクトが立ち上がりました】
NOV
01
2019
Announcement

【クラウドファンディングサイト「J・Funding」にて 首里城火災支援プロジェクトが立ち上がりました】

グループ会社のグローバル・デイリーは2019年10月31日に沖縄県の世界遺産「首里城」で起きた大規模火災を受けて、首里城再建のため支援プロジェクトを沖縄県の学生たちと共にクラウドファンディングサイト「J・Funding」にて立ち上げました。

すでに多くの方から支援やコメントが寄せられており、特に台湾の方からの支援が非常に多く寄せられています。
沖縄の戦争からの復興のシンボルであり、心の拠り所でもある首里城の焼失、沖縄の方々の悲しみは計り知れません。

今回の支援についてはプラットフォームの利用手数料を無料(クレジットカード会社の決済手数料3.5%を除く)で、ご支援いただいた金額全てを首里城基金事業に寄付致します。
目標金額はありますが、あくまで便宜上であり、支援の方法や手段を増やすことが主な目的になります。皆様のご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

首里城火災支援プロジェクト【https://japankurufunding.com/projects/shurijo-castle/】

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Announcement
  • 【南極犬ぞり横断30周年記念プロジェクト『THINK SOUTH FOR THE NEXT』シンポジウムを開催します】
【南極犬ぞり横断30周年記念プロジェクト『THINK SOUTH FOR THE NEXT』シンポジウムを開催します】
SEP
20
2019
Announcement

【南極犬ぞり横断30周年記念プロジェクト『THINK SOUTH FOR THE NEXT』シンポジウムを開催します】

グループ会社の株式会社DACホールディングスは株式会社ゴールドウインとともに立ち上げたTHINK SOUTH FOR THE NEXT実行委員会にて、環境と平和の大切さ、チャレンジスピリットの重要性を次世代に繋げていくことを目的に、本年7月27日より活動をスタートさせました。

プロジェクトのメインイベントとして、11月10日には南極犬ぞり横断を達成した唯一の日本人、舟津圭三氏を含む6人の冒険家が日本に集結し、東京国際フォーラムにてシンポジウムを開催します。

シンポジウムでは、日本初公開となるドキュメンタリー映画「Trans-Antarctica Expedition」(90分)を公開します。
この映画は、今から30年前の1989年7月27日、舟津圭三氏をはじめとする世界各国の6人の冒険家が挑戦した世界初の南極犬ぞり横断を追ったドキュメンタリーで、当時の極地の様子や彼らのエピソードが収められた、歴史的にとても貴重かつ重要な映画です。
映画の上映に先立って、9月20日より予告ムービーを公開いたします。https://www.think-south.com/

またプロジェクトの一環で、10月20日にはTOKYO FMにてFM Festival2019 未来授業 プレスペシャル「地球が教えてくれること ~THINK SOUTH FOR THE NEXT~」を放送します。
30年前、南極を犬ぞりで横断した冒険家 舟津圭三氏と、七大陸最高峰登頂経験者でもある旅する写真家 石川直樹氏。
いかなる困難にも挑戦してきた二人が「環境」「冒険」「チャレンジスピリット」をテーマに、未来を担う大学生に向けた授業を開催します。

■シンポジウム概要
タイトル :「THINK SOUTH FOR THE NEXT」シンポジウム
出演   :<登壇者>ウィル・スティーガー氏(アメリカ)、ジャン・ルイ=エチエンヌ氏(フランス)、
ヴィクター・ボヤルスキー氏(ロシア)、チン・ダホ氏(中国)、ジェフ・サマーズ氏(イギリス)、舟津圭三氏(日本)
開催場所 :東京国際フォーラム
日時   :2019年11月10日(日) 14時~17時 (受付開始13時~)
内容   :14時~ドキュメンタリー映画Trans-Antarctica Expedition日本初上映/16時~トークイベント
入場料 :大人2,000円、高校生以下1,000円 (いずれも税込)
チケット :9月20日よりチケットぴあにて販売開始 http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1943919

 

■ラジオ特番概要
タイトル :TOKYO FMサンデースペシャル 未来授業プレ特番「THINK SOUTH FOR THE NEXT」
放送局 :TOKYO FM
放送日時 :2019年10月20日(日) 19時~19時50分
出演   :舟津圭三氏、石川直樹氏、遠山大輔氏

 

■『THINK SOUTH FOR THE NEXT』プロジェクト概要
プロジェクトタイトル: 『THINK SOUTH FOR THE NEXT』

主催:THINK SOUTH FOR THE NEXT実行委員会 (株式会社ゴールドウイン、株式会社DACホールディングス)
後援:国立極地研究所(予定)、文部科学省(申請中)
背景:今から30年前の1989年7月27日、 地球上で唯一国境をもたない大陸である南極で、環境と平和を訴えるメッセージ「THINK SOUTH」を胸に、犬ぞりによる初の南極大陸横断の冒険がスタートしました。
メンバーは世界6カ国で編成された南極大陸横断国際隊。
彼らは12月11日の南極点到達を経て1990年3月3日に約4000マイル(約6400キロメートル)を踏破し、無事全員がゴール。
当時は多数のメディアがその偉業を取り上げると同時に、当時注目され始めた環境問題についても報道しました。
『THINK SOUTH FOR THE NEXT』は当時彼らが考え、南極点から世界に発信した現代社会の問題に改めて注目し、 次世代へ継承していこうというプロジェクトです。
今後さまざまな取り組みを通じて、環境と平和の大切さ、チャレンジスピリットの重要性を社会へと発信していきます。

 

■今後の主なスケジュール

①11月4日(月・祝)/北海道仁木町にて講演会
②11月10日(日)/東京国際フォーラムにてシンポジウム開催
<ドキュメンタリー映画Trans-Antarctica Expedition日本初上映/トークイベント>
③11月11日(月)/都内公立中学校にて講演会

※上記➀~③全てに舟津氏含む6人の冒険家も登壇いたします。

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Announcement
  • 【「カンヌ・クリエイティブ・フェスティバル2019」社内セミナーを開催しました】
【「カンヌ・クリエイティブ・フェスティバル2019」社内セミナーを開催しました】
AUG
09
2019
Announcement

【「カンヌ・クリエイティブ・フェスティバル2019」社内セミナーを開催しました】

2019年8月8日にデイリースポーツ案内広告社では毎年恒例となる6月に開催されたカンヌ・クリエイティブ・フェスティバル2019年の振り返り社内セミナーを開催致しました。
講師に銀河ライター・編集者の河尻享一さんをお招きし、お客様や内定者と共に今年の受賞作品を見ながら、近年「Social Good」がテーマになっていたカンヌ・クリエイティブ・フェスティバルが今年は「PURPOSE」というブランドは目的意識を持ってアクションすることが求められるようになっているという世界の潮流を学ぶ機会となりました。

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Announcement
  • 【『Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2018』の「人材開発賞」で、DACホールディングスがグランプリを受賞しました】
【『Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2018』の「人材開発賞」で、DACホールディングスがグランプリを受賞しました】
DEC
20
2018
Announcement

【『Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2018』の「人材開発賞」で、DACホールディングスがグランプリを受賞しました】

フォーブスジャパンが主催する日本最大規模の女性アワード『Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2018』の「企業部門 部門賞」の1つ、「人材開発賞」にて、DACホールディングス(DACグループ)がグランプリを受賞しました。

「人材開発賞」は、キャリアサポートをはじめとした仕組みで、女性リーダーを輩出するだけではなく、メンター制度の整備やマネジメント層へのダイバーシティ研修など、積極的な人材開発に取り組んでいる企業を表彰する賞です。DACホールディングスでは、女性管理職研修を積極的に行っており、その研修内容が評価され受賞に至りました。

forbes ishikawa

■『Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2018』について
「JAPAN WOMEN AWARD」は2016年に新設されたアワードで、今年第3回を迎えました。Forbes JAPANが、女性向けのライフキャリア支援事業を展開する株式会社LiBの協力のもと、意欲ある女性が働きやすい環境づくりを積極的に行っている企業と、自ら道を切り拓き活躍している女性を表彰するアワードです。
国内外の数々のリーダーを取り上げるForbesのグローバルな視点に加え、国内企業1000社の人事担当者、人事担当役員および働く女性個人1000人にアンケートを実施。アンケートおよび一般投票で選ばれた企業と個人の中から、評議員の審査を経て受賞企業・受賞者が決定されました。

12月20日にはザ・リッツ・カールトン東京にて授賞式が開催され、ゲストとしてレスリング選手兼コーチとして活躍する「霊長類最強女子」吉田沙保里さんも登壇されました。

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Announcement
  • 【DAC未来サポート文化事業団主催「第6回親子の日 絆(KIZUNA)コンクール」募集開始】
【DAC未来サポート文化事業団主催「第6回親子の日 絆(KIZUNA)コンクール」募集開始】
JUN
20
2018
Announcement

【DAC未来サポート文化事業団主催「第6回親子の日 絆(KIZUNA)コンクール」募集開始】

デイリースポーツ案内広告社がCSR活動の一環として支援する一般社団法人DAC未来サポート文化事業団が「第6回 親子の日 絆(KIZUNA)コンクール」の募集を開始しました。
本コンクールは、子どもたちが「親子」や「家族」との絆について改めて考え、作品に表現する機会を提供するべく、全国の小中学生に向けて「日常で感じた親子・家族の絆」をテーマに【作文】・【絵・写真】部門で募集します。
最優秀賞(親子6組12名)の副賞として、東京ディズニーリゾートを含む2泊3日の東京親子旅行ご招待。優秀賞(30名)には、図書カード3000円分を贈呈いたします。
応募締切は2018年9月14日(金)必着。

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Announcement
  • 【「セブンサミッツプロジェクト 達成記念祝賀会」を開催しました】
【「セブンサミッツプロジェクト 達成記念祝賀会」を開催しました】
JUN
19
2018
Announcement

【「セブンサミッツプロジェクト 達成記念祝賀会」を開催しました】

DACグループは6月19日、全国から社員・取引先様・クライアント様・関係者を招き、総勢550名におよぶ「セブンサミッツプロジェクト 達成記念祝賀会」を、浅草ビューホテルにて開催しました。
また、エベレスト隊のサポートを務めていただいた貫田宗男氏、世界最高齢でエベレスト登頂を果たした三浦雄一郎氏にも、ゲストとしてご参加いただき、プロジェクトの完全達成を祝うにふさわしい盛会となりました。

オープニングムービー上映後、会の始まりを飾ったのは、プロジェクト最終章となるエベレスト登頂を果たした3名の登場でした。(左から伊藤孝浩、前山敏行、上山弘平)
名称未設定-1
続いて、これまでにプロジェクトに参加した歴代メンバーもステージに。
ここに立つ誰もが脱落することなく、完全登頂のバトンを繋いでくれました。

名称未設定-1
歓談後には、エベレスト隊によるエベレスト登頂報告。
行程に加え、各ポイントでのエピソードを、スライドや映像を使いながら紹介しました。

名称未設定-1
続いて、3名の冒険家による対談が行われました。
「自身にとっての”冒険”とは?」「冒険家として、次世代を担う人たちに伝えたいこと」をテーマに対談が繰り広げられ、最後には3名それぞれから「DACグループへの激励」をいただきました。

名称未設定-1

◆登壇者
貫田 宗男(ぬきた・むねお) (上左)
登山家、日本山岳協会公認ガイド。(株)ウェック・トレック顧問。
日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」で、タレント・イモトアヤコさんを中心とする「イッテQ!登山部」のガイドを務め、”天国じじい”の愛称で親しまれている。

三浦 雄一郎(みうら・ゆういちろう) (上右)
プロスキーヤー及び登山家。
世界七大陸最高峰すべてでスキー滑降を成し遂げている。
また、80歳で3度目のエベレスト登頂を果たし、世界最高齢の登頂記録を樹立した。

舟津 圭三(ふなつ・けいぞう) (下)
冒険家。NIKI Hills総支配人。
犬ぞりによる世界初の南極横断を成し遂げ、「朝日スポーツ賞」受賞。
2014年からはDACグループの新規事業、北海道仁木町でのワイナリー事業「NIKI Hills」の総支配人を務めている。

 


会場に併設された展示スペースには、これまでのセブンサミッツプロジェクトを振り返る様々な展示が施されました。

名称未設定-1セブンサミッツプロジェクトを振り返る展示パネル。各山の登山ルートやポイントを写真とともに振り返った。

 

名称未設定-1プロジェクトに参加したうちの10名による名言パネル。登山を経て感じた一人ひとりの想いが、登山写真とともに刻まれた。

名称未設定-1エベレスト登山で実際に使用した装備品を展示。一部触ることもでき、酸素ボンベを装着したりと、来場者で盛況だった。

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加
  • トップ
  • DAC REPORT
  • Announcement
  • 【「セブンサミッツプロジェクト達成記念記者発表会」を開催しました】
【「セブンサミッツプロジェクト達成記念記者発表会」を開催しました】
JUN
04
2018
Announcement

【「セブンサミッツプロジェクト達成記念記者発表会」を開催しました】

DACグループは5月17日に、セブンサミッツプロジェクト最終章となるエベレストに挑戦者3名が登頂し、プロジェクトは全員登頂(延べ28名)という最高の形で締めくくられました。
それを受け、日本外国特派員協会(於:東京・日比谷)にて「DACグループ セブンサミッツプロジェクト 達成記念記者発表会」を開催しました。本プロジェクトに関わった6名が登壇し、多く集ったマスコミの方々からの質問やインタビューに応えました。

<登壇者>
●石川 和則(DACグループ代表/プロジェクト第3弾・デナリ登頂/プロジェクト発足者)
●前山 敏行(DACホールディングス常務取締役/プロジェクト第4弾・エルブルス登頂/プロジェクト第7弾・エベレスト登頂)
●上山 弘平(デイリースポーツ案内広告社 経理部 部長代理/プロジェクト第2弾・アコンカグア登頂/プロジェクト第7弾・エベレスト登頂)
●伊藤 孝浩(デイリー・インフォメーション北海道 営業部 係長/プロジェクト第7弾・エベレスト登頂)
●倉岡 裕之(山岳登攀ガイド/日本人最高エベレスト登頂回数(9回)保有/第2弾・アコンカグア、第4弾・エルブルス、第6弾・マウントビンソン、第7弾・エベレストでガイドを務める)
●舟津 圭三(冒険家/NIKI Hills総支配人/220日間をかけ、6人の国際隊の一員として南極大陸6,040kmを犬ぞりで横断/プロジェクト第1弾・キリマンジャロ、第3弾・デナリでガイドを務める)

 

◆セブンサミッツプロジェクトとは・・・

DACグループ50周年事業の1つとして、2012年に誕生したプロジェクト。社員がリレー形式で世界七大陸最高峰に挑戦している。エベレストへの挑戦は、本プロジェクト最終章となり、これをもってプロジェクトは完全達成となった。
詳細を読む→https://www.dac-group.co.jp/corporate/dacism/sevensummits/
ホームページ→https://www.dac-group.co.jp/7dac/

  • このエントリーをTwitterに投稿
  • このエントリーをFacebookにシェア
  • このエントリーをGoogle+にシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをPocketに追加