PEOPLE
DACの人

営業部/課長


田島 あゆみ



広告祭アワード受賞を
目指す体育大出身の
早起き女性係長

入社
2011年
モットー/好きな言葉
何事にも誇りを持って行動する。
入社を決めた理由
DACグループで接したすべての方々。
どんな人と仕事したいか
刺激を与えてくれる人。成長を促してくれる人。
仕事上手で遊び上手な社員に囲まれて成長

田植え研修、富士登山研修など、当社は人を成長させるイベントが多い。野球、サッカー、スノボなどスポーツ好きでアクティブな人が多く、とにかくみんな元気。来社されるお客様へのご挨拶も自然で、体育大出身の私にはそういう環境って当たり前だったから居心地がいいですね。

社内のイベントやスポーツに参加していると、クライアント様とのトークでも引き出しが増え、そこからアイディアが生まれることもあるんですよね。入社前、何をするかではなく、どんな環境で働きたいかを重視していたので、まさに求めていた環境です。仕事上手。遊び上手。そんな社員に囲まれています。

バレーボール部での厳しい経験が仕事に活きる

先ほど触れたとおり私は体育大出身でバレーボール部でした。ラントレ(ランニングトレーニング)、筋トレ、それから体育館練習とこなしていたので体力には自信があります(笑)。厳しい上下関係で学んだ精神力も今の仕事に役立っていて、バレーボール部での経験は決して無駄ではなかったのかなって。

役立っているといえば早朝練習もそう。私、西東京方面からここ上野まで2時間弱をかけて通勤しているんです。9時の朝礼前に自分の仕事をしたいから、だいたい朝礼一時間前ぐらいには会社に来て、それを毎日4年間。早朝練習の成果なのかもしれませんね。

通勤電車の車内ではできるかぎりメディアに接触

2時間弱の通勤時間は、スマホで映画やテレビを観たり、キュレーションアプリなどでニュースをウォッチしたり、SNSをチェックしたり。良い情報を見つけたらURLやスクショ(スクリーンショット)などでコピって、チャットやクラウドアプリなどを使ってアーカイブするなど、自分なりにまとめていますね。

広告代理店の仕事なので、電車の中ではスマホ等のデバイスを使って、できるかぎりメディアに接触するように心がけています。だって、家に帰ったらテレビなどを観る時間なんてなくて、ほとんどの時間を睡眠にあてなきゃならないですからね(笑)。

広告祭でアワードを
受賞するようなプロジェクトを
手がけたい

当社では、社外の人を招いて広告の話を聞く「クリエイティブ・セブンサミット」という社内勉強会があるんですけど、先日も広告祭などで数々の賞を受賞された有名なクリエーターの方の話をお伺いしました。今の仕事にとても役立つお話しばかりで、すごく刺激を受けましたね。私も同じ広告業界で働く人間として、そういったアワードを受賞するようなプロジェクトに関わってみたい。

私の職務は営業なので、デザイナー、カメラマン、コピーライターのように、何か具体的に制作する業務ではないけれど、プロジェクト全体を立案することで、アワード受賞を目指したいですね。

BACK TO INDEX