世界にパンを届けよう 救缶鳥 Kyu-Can-Cho プロジェクト

救缶鳥 Kyu-Can-Cho プロジェクト
救缶鳥プロジェクトとは?
救缶鳥プロジェクトとは?

救缶鳥プロジェクトとは、非常食を備えることで、世界の飢餓救済の活動に参加できるプロジェクトです。パン・アキモトは世界の飢餓対策支援活動に取り組んでいます。
開店当時から「安心・安全でおいしいパン」をお客様に提供するという原則を守ってきました。それは義援物資として届けられるパンの缶詰「救缶鳥」においても変わりません。
アキモトのパンで、世界中に元気と笑顔を広めたい。私たちの夢に是非ご協力ください。

救缶鳥 5つの特徴救缶鳥 5つの特徴

安心できる非常食として、2年間備蓄します。備蓄から2年後、義援物資として国際貢献に役立てます。
残り約1年の賞味期限の間に、日本中から回収・輸送され、飢餓に苦しむ国々へ届けられます。

  • その1 通常のパン缶の2倍の大きさその1 通常のパン缶の2倍の大きさ
  • その2 安全な構造その2 安全な構造

    缶のふたの切り口で手を切らない「ダブルセーフティープルトップ」採用のため安全です。

  • その3 義援物資になりますその3 義援物資になります

    防腐剤を使わない特許製法で、健康も配慮した安心できる非常食です。

  • その4 やわらかい食感その4 やわらかい食感

    普段食べているパンと同じぐらいやわらかい食感のため、食べやすくておいしい非常食です。

  • その5 特許製法ですその5 特許製法です

    通常の非常食とは違い、世界の飢餓を救う義援活動に参加できます。

救缶鳥が支援先の国々に届くまで救缶鳥が支援先の国々に届くまで

「救缶鳥」には義援先の人々へ向けてメッセージを書きこむことができます。
教育機関様であれば、グローバル教育の一環に。企業様や自治体様であれば、国際貢献のアピールにもお役立ていただけます。

救缶鳥が支援先の国々に届くまで
  • 家庭、学校、マンション、企業、自治体が有事・震災対策に「救缶島」を2年間備蓄
  • 2年後再購入と同時に回収 回収の1~2ヶ月前に支援活動をご案内
  • 回収された「救缶島」はNGOに送られます。
  • NGOの日本国際飢餓対策機構等を通じてコンテナで輸送
  • 世界の飢餓に苦しむ人々を救う食糧として現地に届きます

プロジェクトに参加する

義援リスト

年月 内容 メディア
2015/11月 スワジランド王国へ救缶鳥16,455缶
2015/9月 関東・東北豪雨被災地に 救缶鳥300缶
パンの缶詰8,340缶
2015/9/13読売新聞
2015/9/12下野新聞
2015/6月 バヌアツ共和国 サイクロン被災地に 救缶鳥3300缶
2015/5月 ネパール大地震被災地に 救缶鳥1050缶
パンの缶詰3120缶
2015/4/29読売新聞
2015/4月 タンザニア・ザンジバル支援 救缶鳥9750缶
パンの缶詰1392缶
 
2014/11月 スワジランド王国へ救缶鳥7200缶  
2014/8月 広島県広島市 豪雨土砂災害被災地に救缶鳥960缶  
2014/6月 日本国際飢餓対策機構と連携し、
パンの缶詰約4900缶 ケニアへ
 
2014/1月 台風によるフィリピンの豪雨被災地に パンの缶詰約6,200缶  
2013/11月
2013/12月
台風によるフィリピンの豪雨被災地に パンの缶詰約5,300缶 2013/11/19読売新聞
2013/12/4中日新聞
2013年9月 タンザニア支援へパンの缶詰5,800缶  
2013年3月 コードジボワール支援へパンの缶詰3,000缶  
2013年1月 台風によるフィリピンの豪雨被災地に パンの缶詰7,400缶  
2012年12月 日本国際飢餓対策機構と連携し、
パン缶約3000缶アフリカ ジンバブエへ
2013/11/19読売新聞
2013/12/4中日新聞
2011年11月 タイの洪水被災地に パンの缶詰6,400缶  
2011年3月 東日本大震災に パンの缶詰約100,000缶以上 ガイアの夜明け、ワールドビジネスサテライト、朝日新聞、毎日新聞
他、多数メディアへ掲載
2010年3月 大地震によるハイチの被災地に パンの缶詰約30,000缶 2010/3/29東京新聞
2010/4/11TBS「夢の扉」
2009年8月 台風による台湾の豪雨被災地に パンの缶詰2,400缶 2009/8/14東京新聞
2008年6月 岩手・宮城内陸地震をうけ、奥州市にパンの缶詰2,400缶 2008/6/16東京新聞
2008/6/16下野新聞
2008年3月 洪水被害にあった、フィリピン・ミンドロ島に
パンの缶詰約15,000缶
2008/03/20沖縄タイムス
2007年11月 バングラディッシュの大型サイクロン被害をうけ、
パンの缶詰約3,000缶
2007/11/21下野新聞
2007/11/28下野新聞
2007年10月 日本国際飢餓対策機構と連携し、
パン缶約50,000缶アフリカ ジンバブエへ
読売新聞、日本経済新聞
他、多数メディアへ掲載
2006年5月 ジャワ島中部地震発送 パンの缶詰1,000缶 2006/05/30下野新聞
2006/05/31産経新聞
2005年3月 フィリピン地滑り支援へ パンの缶詰14,000缶 2006/03/18琉球新報
2005年1月 スマトラ沖被災地へ パンの缶詰1,000缶 2005/01/06毎日新聞
2005年1月 スリランカの被害者に発送  パンの缶詰1,000缶 2005/01/09読売新聞
2005/01/05東京新聞
2004年10月 中越地震を受けてパンの缶詰2,400缶 2004/10/26産経新聞
2004年4月 イラク陸自支援 パンの缶詰1,200缶 2004/04/22産経新聞
2004/04/23読売新聞
2004年1月 イラン大地震被災地へ100缶を寄贈 2004/02/01東京新聞

メッセージを届けようメッセージを届けよう

「救缶島」には義援先の人々へ向けて
メッセージを書きこむことができます。

義援先から感謝状をいただくこともできます。

ケニアでの活動レポートケニアでの活動レポート

知ってほしい!世界の飢餓のこと (資料提供:NGOの世界飢餓対策機構)知ってほしい!世界の飢餓のこと (資料提供:NGOの世界飢餓対策機構)

  • 穀物生産高
  • 6秒に1人
  • 6人に1人
  • 5人に1人
救缶鳥 Kyu-Can-Cho プロジェクト
救缶鳥 Kyu-Can-Cho プロジェクト

パン・アキモトは世界の飢餓対策支援活動に取り組んでいます。パン・アキモトは世界の飢餓対策支援活動に取り組んでいます。

開店当時から「安心・安全でおいしいパン」をお客様に提供するという原則を守ってきました。
それは義援物資として届けられるパンの缶詰「救缶鳥」においても変わりません。
アキモトのパンで、世界中に元気と笑顔を広めたい。私たちの夢にご協力ください。

救缶鳥15缶セット 1缶約200g(菓子パン3個分) (オレンジ・レーズン・ストロベリー各5缶)救缶鳥15缶セット 1缶約200g(菓子パン3個分) (オレンジ・レーズン・ストロベリー各5缶)

11,500円 税込 (税込 12,420円)11,500円 税込 (税込 12,420円)

名前フリガナ必須
お名前必須
ご住所必須
電話番号
eメール必須
ご注文内容必須 1缶200g×15缶で1セット
(オレンジ5缶、レーズン5缶、ストロベリー5缶)
セット
お支払い方法必須
お届け希望日時

※ご注文からお届けまで約2週間かかります。

※ご注文からお届けまで約2週間かかります。

ご希望の方はお届け時間帯にチェックを入れて下さい。

ご提供いただく個人情報のお取り扱いの方針について、以下の通り通知いたします。
株式会社デイリー・スポーツ案内広告社
PMS管理責任者(個人情報保護管理者):取締役常務


<個人情報の利用目的>
ご注文の受付、商品のお届け及びご請求、アフターフォロー、商品やサービス内容の電話、ダイレクトメールや電子メールによる案内、通信販売ご利用時の受付手続きを簡素化するためなどに利用させていただきますことをご了承願います。


<委託>
上記の利用目的の達成の範囲内で、個人情報の取扱いの全部または一部を委託することがあります。委託にあたっては、十分な個人情報の保護水準を満たしている者を選定し、委託を受けた者に対する必要、かつ適切な監督を行います。


<開示対象個人情報の開示等および問い合わせ窓口について>
当社では、当個人情報に関する開示等の求め(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止)を受け付けます。その手続きについては、個人情報苦情及びご相談窓口へご連絡下さい。ただし、法令等に基づく場合は、開示等に応じられない場合がございます。あらかじめご了承ください。


<個人情報を与えることの任意性>
個人情報のご提出は任意です。ただし、当該情報が提供されない場合には お客様の要求を満たせないこともございますのでご了承ください。


<個人情報苦情及び相談窓口>
〒110-0015 東京都台東区東上野4-8-1 TIXTOWER UENO
株式会社デイリースポーツ案内広告社 相談窓口
privacy@dailysports.co.jp